エステサロンとウォーターサーバー>>徹底研究<<

エステサロンとウォーターサーバー>>徹底研究<< TOP

メンズエステを女性はどう捉えている?

2014年6月12日 04:13 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

■メンズエステを女性はどう捉えている?
エステサロンといえば、女性が行くところであるという認識は一昔前の話です。
最近では、男性もエステサロンに通う時代になってきており、そのためのエステサロンとしてメンズエステが人気を集めています。

そんな男性たちを女性はどのような目で見ているのでしょうか。
男性の中では、女性から「女々しい人だ」と思われているのではないかと考えて、メンズエステに通うことにためらいがあるという人もいますが、実際のところ女性から見ると自分の容姿にきちんと気を配ることができる人だという意見が多いようです。

例えば、最近では男性も眉毛をそったりするのが当然になってきました。
しかし、一昔前であれば男性か眉毛を剃るというのはあまり多くは見られないことだったのです。
それでも、女性たちは眉毛を剃る男性を見ても、不快感を感じる人は少なく、むしろ好感を抱いている人の方が多いとされています。

男性が女性から評価されるためには、やはり清潔感が重要です。
もちろん男らしさも大事な要素ではあるのですが、それ以上に清潔感のある人の方が好感度が高いというのは間違いのない事実です。
ヒゲが濃い人であれば、メンズエステでヒゲのデザインをしてもらったり、お腹がたるんでいる人であれば、メンズエステで筋肉増強を行い引き締まったボディを手に入れるといったことが女性から見ても嬉しいことに繋がります。

メンズエステでできることというのは、自宅でもできることもいくつかありますが、やはりプロの手によってよりクオリティーの高い物を受けるということが大事です。

LEDダイオードでのニキビ治療

2014年6月12日 04:11 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

ニキビ治療にはLEDダイオードという光の治療があります。
このLEDダイオードは、肌の深層部、すなわち肌の深い部分に働きかけることができるので、ニキビの原因の大元から治療をすることができます。

■LEDダイオード
LEDダイオードの種類は色によってわかれています。
青色、赤色、白色と三種類あり、肌の状態やニキビの状態に合わせて色別に治療をします。
このLEDダイオードはレーザー治療やフォトフェイシャル治療と違って痛みや赤みが出ることがありません。
肌の弱い人にも使われる治療なのでとても安全です。
では、色別に見ていきましょう。

・青色LEDダイオード
青色LEDダイオードには、ニキビの炎症を抑える効果や皮脂の分泌を抑える効果、また毛穴を目立たなくさせる効果があります。なので、毛穴フェイシャルエステなどでも使われている方法です。
アクネ菌を死滅させることができるので、肌の透明度が期待できる治療法だと思います。
刺激が少ないため、肌の弱い方向きです。

・赤色LEDダイオード
赤色LEDダイオードには肌のハリやシワ、クマにとても有効です。
また肌のコラーゲンを増やすとされているので、肌のハリにはとても期待が持てますし、血行促進にも効果があるので、肌ツヤも良くなると思います。

・白色LEDダイオード
白色LEDダイオードは他二種類のLEDダイオードよりも更に奥深く浸透し、筋肉層にまで届くほどの効果があります。
青色LEDダイオードや赤色LEDダイオードでは不可能な肌のタルミにも効果があるため、法令線を薄くすることもできます。

LEDダイオードには三種類あるため、どれを選ぶか悩んでしまうかと思いますが、青色LEDダイオードを取り扱っている皮膚科がほとんどのため、赤色LEDダイオードや白色LEDダイオードに興味があり治療をしてみたいのであれば、医療機関を受診する前に確認した方が良いと思います。

水って私たちの体にどれくらい影響するの?

2013年8月13日 02:18 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

人間の体の約7割が水ですが、ふだん何気なく飲んでいる天然水が私たちの体の生命を維持していくためには必要なのです。
水は喉の渇きを潤すだけでなく、私たちの命を守る重要な役割を担っているのです。
私たちの体の中で水がどういった活動をしているのか気になりませんか?

ここでは、安全な水の重要性について説明をしていきます。
水の体内での大きな仕事は以下のようになります。
※体温調節の働き
※胃腸の活動促進
※心臓を動かす
※デトックス
水を摂取すると、体内を循環しますから、体内に留まることはありません。
水を摂取すると、体内を循環し、排出する、という流れをずっと繰り返しています。
この繰り返しをしながら、人間の体を正常に維持しているのです。
水分不足になると、体内すべての機能の活動に狂いが生じて体調に悪影響を与えてしまうことになります。

それでは一体1日に必要とする水はどれくらい必要なのでしょうか?
成人の場合、1日の最低摂取量は、体重1キログラムあたり50mlとなります。
子どもの場合の最低摂取量は、体重1キログラムあたり50~100mlとなります。
子どもは体の約8割が水分ですので、大人よりも水の摂取量は多くなります。

それでは実際に計算をしてみましょう。
60㎏の成人の場合は、「60kgX50ml=3,000ml」となり、3リットルの水分が必要だということです。
この数字だけをみると、たいへんな量だと思いがちですが、直接飲むだけではありません。
3食分の食事を水分に換算してみると、約1リットル程になりますので、実際には2リットルの安全なウォーターサーバーを飲む必要があるということです。

ただ、ウォーターサーバーの電気代は結構必要ですのでしっかり選ぶ必要があります。