水って私たちの体にどれくらい影響するの?

エステサロンとウォーターサーバー>>徹底研究<< TOP > 未分類 > 水って私たちの体にどれくらい影響するの?

水って私たちの体にどれくらい影響するの?

人間の体の約7割が水ですが、ふだん何気なく飲んでいる天然水が私たちの体の生命を維持していくためには必要なのです。
水は喉の渇きを潤すだけでなく、私たちの命を守る重要な役割を担っているのです。
私たちの体の中で水がどういった活動をしているのか気になりませんか?

ここでは、安全な水の重要性について説明をしていきます。
水の体内での大きな仕事は以下のようになります。
※体温調節の働き
※胃腸の活動促進
※心臓を動かす
※デトックス
水を摂取すると、体内を循環しますから、体内に留まることはありません。
水を摂取すると、体内を循環し、排出する、という流れをずっと繰り返しています。
この繰り返しをしながら、人間の体を正常に維持しているのです。
水分不足になると、体内すべての機能の活動に狂いが生じて体調に悪影響を与えてしまうことになります。

それでは一体1日に必要とする水はどれくらい必要なのでしょうか?
成人の場合、1日の最低摂取量は、体重1キログラムあたり50mlとなります。
子どもの場合の最低摂取量は、体重1キログラムあたり50~100mlとなります。
子どもは体の約8割が水分ですので、大人よりも水の摂取量は多くなります。

それでは実際に計算をしてみましょう。
60㎏の成人の場合は、「60kgX50ml=3,000ml」となり、3リットルの水分が必要だということです。
この数字だけをみると、たいへんな量だと思いがちですが、直接飲むだけではありません。
3食分の食事を水分に換算してみると、約1リットル程になりますので、実際には2リットルの安全なウォーターサーバーを飲む必要があるということです。

ただ、ウォーターサーバーの電気代は結構必要ですのでしっかり選ぶ必要があります。