LEDダイオードでのニキビ治療

LEDダイオードでのニキビ治療

ニキビ治療にはLEDダイオードという光の治療があります。
このLEDダイオードは、肌の深層部、すなわち肌の深い部分に働きかけることができるので、ニキビの原因の大元から治療をすることができます。

■LEDダイオード
LEDダイオードの種類は色によってわかれています。
青色、赤色、白色と三種類あり、肌の状態やニキビの状態に合わせて色別に治療をします。
このLEDダイオードはレーザー治療やフォトフェイシャル治療と違って痛みや赤みが出ることがありません。
肌の弱い人にも使われる治療なのでとても安全です。
では、色別に見ていきましょう。

・青色LEDダイオード
青色LEDダイオードには、ニキビの炎症を抑える効果や皮脂の分泌を抑える効果、また毛穴を目立たなくさせる効果があります。なので、毛穴フェイシャルエステなどでも使われている方法です。
アクネ菌を死滅させることができるので、肌の透明度が期待できる治療法だと思います。
刺激が少ないため、肌の弱い方向きです。

・赤色LEDダイオード
赤色LEDダイオードには肌のハリやシワ、クマにとても有効です。
また肌のコラーゲンを増やすとされているので、肌のハリにはとても期待が持てますし、血行促進にも効果があるので、肌ツヤも良くなると思います。

・白色LEDダイオード
白色LEDダイオードは他二種類のLEDダイオードよりも更に奥深く浸透し、筋肉層にまで届くほどの効果があります。
青色LEDダイオードや赤色LEDダイオードでは不可能な肌のタルミにも効果があるため、法令線を薄くすることもできます。

LEDダイオードには三種類あるため、どれを選ぶか悩んでしまうかと思いますが、青色LEDダイオードを取り扱っている皮膚科がほとんどのため、赤色LEDダイオードや白色LEDダイオードに興味があり治療をしてみたいのであれば、医療機関を受診する前に確認した方が良いと思います。